Spain Fan



アルバラシン(Albarracin)


グアダラビアール川を見下ろすこの小さな村は歴史の流れとは無関係に存在していたかのように私たちにも無関心に迎え入れてくれます。 歴史的遺跡を私たちが見るというよりは,私達自身がタイム・トンネルを抜けて何百年もの昔に逆戻りしたといった方が適切であるでしょう。

車も通れそうもない狭い道、今にも崩れて落ちてきそうなアラブ瓦の屋根を眺めながら散歩していると、他の都市で巨大な大聖堂や華麗な宮殿と言った遺跡巡りをしてきたのが空しくさえ感じるのは私だけではないことでしょう。

マヨール広場近くのカサ・デ・サンチアゴと言う17世紀の民家を改造したホテルはまさに中世の旅篭そのもので、室内調度品も土地の職人によって昔そのままの方法で造られたものだそうです。



表紙に戻る