Spainfan

Clara Ramona舞踊団公演

”Yo La Reina 、Don~a Juana”



去る3月20日Madrid郊外のGalapagarのTeatro Jacinto Benaventeに置いてBallet Espan~olaのClara Ramona舞踊団による
狂女王フアナの物語を幻想的に描いた”Yo La Reina、Don~a Juanaが上演されました.
そのプログラムと上演中上演後のスナップをご紹介します.

概要(sinopsis)

この物語はごく普通の甘美で愛くるしい一人の女性の生涯を描いていますが、彼女の唯一の原罪と言えるのは、当時の最も重要な
国家の後継者であり、女王として生まれてきたことです.彼女の無垢が故に周辺を取り巻く政治的人間的な利害関係に振り回され
繊細で傷つきやすい女に成って行きます.

この舞台では、スペインの女王としてのファナの芳しくない彼女の言動の悪評の元に有害な影響を与えたと思われる状況を描き出そうと
試みています.すなわち、厳しい躾と過保護だった母のIsabel La Catolica、自分の娘にさえ嫉妬する程の権力欲を持つ父親Fernando
El Catolico、、Fernandoから政敵として憎まれて居るのを承知で妻ファナの切ないほどの愛情を自己の利益に悪用することに躊躇しない
夫のFelipe El Hermoso,野心家の大司教Cisnero等々の人間模様を描いています.

最後には、自分の息子Carlos V世にまでその誕生から死ぬまでの25年間もの間幽閉されることになります.
この一人の女性の苦悩の生涯を描くことによって、人間の心の底に潜む悪、つまり、嫉妬、妬み、野望、強欲を理解するのに
役立ったらと願っております。(公演プログラムより)

Programa

Requiem.....Wolfgang Amadeus Morzart(1756−1791)

I  狂気(Su locura).........................................Requiem
II  暗い熱情(Su Pasio’n oscura)...............................Kyrie/Sequenz
III カトリック両王とシスネロ(LosReyes cato’licos y presencia de Cisneros)...Dies Irae
IV 結婚の協定(Arreglo Matrimonial).............................Tuba Mirum
V  挙式(La Boda) ........................................Rex Tremendae
VI 夫の浮気(El Marido)......................................Recordare
VII 継承者の帰還とフェリペの逃亡..................................Confutatis
VIII イサベルによる拘束と将来への予感...............................Lacrimosa

休憩 intermedio

IX 愛の裏切り(Traicio’n de amor)................................Domine Jesn
X イサベルの死とフェルナンドの約束(Muerte de Isabel y promesa de Fernando).Hostias
XI フェリペの死(muerte de Felipe).................................Sanctus
XII フェルナンドの裏切りと勝利(Traicio'n y triunfo de Fernando).............Benedictus

Xiii フェルナンドの死とシスネロへの権力譲渡(Muerte de Fernando y cesion de poderes a Cisneros)
   .......Agnus dei conmunio
XIV 女王ファナと息子カルロスの最後の裏切り(La Reina Juana y Ultima traicio'n por su hijo Carlos) 
   ........LuxAeterna


舞踊団構成(Compania)

Dona Juana.............................Clara Ramona
Felipe El Hermosa........................Avelino Cazallo
Juana(Joven)............................Ruth Jimenez
Isabelde Castilla...........................Fabiola Reina
Fernando de Aragon.......................Tomas Arroquero
Cardenal cisneros..........................Carlos Vilar
Emperador Carlos I........................Nino de Los Reyes
Amante de Felipe..........................Ana Puchurete
Damas de Honor..........................Sonia Cortes
                                       Sara Ayako
Compania de Felipe........................Joaquin Rebello
                                       Michael Schuldt
Las moras(モーロ娘たち)......................Ana Pucherete
                                       Sonia Cortes
                                       Sara Ayako
Las Plan~ideras(泣き女たち)....................Ruth Jimenez
                                       Ana Pucherete
                                       Sonia Cortes
                                       Sara Ayako

El Pueblo espan~ol(スペイン民衆)................舞踊団全員

Coreografia(振り付け)........................Clara Ramona
Musica..................................A.W.Mozart
Direccion aristica y Produccion(芸術監督及び製作)....Clara Ramona
Ayudante de Produccion(製作助手)...............Fernando Sampedro
Disen~o de luz(照明デザイン)...................Issac de Los Reyes
Artezos(小道具).............................Fernando Sampedro
Sonido(音響)...............................Hyobu Kono
Estudio de ensayo(練習スタジオ).................Estudio Clara Ramona
                                        C/Zurita,19 Locl
                                        28012−Madrid
                                        Tel:91−530−6484
                                        Fax:91−468−6038
con la ayuda de:
Consejjeria de Cultura
Comunidad de Madrid


Clara Ramona

Calara Ramonaスペイン舞踊団プロフィール

Clara Ramonaスペイン舞踊団はMadridを本拠にモダンで斬新なフラメンコとスパニッシュ・ダンスのレパートリーを持って
ヨーロッパや米国、アルゼンチン等の公演で熱狂的な人気を持っています.

Madridでは1993年にMadrid州と市の文化局の後援で,Eduardo LaroのSinfonia Espan~olaの
”Don~a Gracia-Beatriz de Luna”とStravinskyの"Primavera”を世界初公演して注目を集めました.

米国おいては、1989年にBostonでCarl Orffの”Carmina Burana"で最優秀賞を得たのとFallaの"三角帽子”で
National Endowment賞を得たほか、WashingtonやNew Ingland Art基金でも賞を受けました.

Clara RamonaはMozartの”セレナーデ”やWinston-Friedmanの”Ay Amor"等の豊かな想像力と芸術性による
振り付けによってスパニッシュ・ダンスを21世紀に推進し、またフラメンコの世界ではMadridで最も定評のあるTablao
”Cafe de Chinitas”でGarcia Lorcaの”Zapatera Prodigiosa"のを公演しています。

彼女の最新の公演である"フラメンコの真髄”(Flamenco Esencial)では1999から2000にかけて彼女が
ヨーロッパや米国において、一般大衆にフラメンコの様様なスタイルを提示することに力を注いでいます.

舞台スナップ集

打ち上げスナップ集

表紙へ