スペイン・サッカーふぁん
Hincha del futbol espan~ol

観戦するには?

1. 試合日時場所を調べる

.入場券の買い方は?

3.席のの見方選び方.


1.試合日時場所を調べる。

これは日本から観戦目的で来るには最も基本的なことですが、以外と大変です。
と言うのは、試合日時場所は、大抵数日前にならないと確定しないからです。

スペイン・リーグは本サイトリーグ対戦予定表 のように決められていますが他の
国際試合や球場都合の関係で
しばしば前ぶれなく変更になります。 勿論、
大部分は日曜の試合が前日土曜に変る程度ですので、本サイトの速報掲示板
を見たり
スペイン語がある程度分かれば”as” とか ”Marca”といったスポーツ
紙や観戦予定のチー
ムの公式サイト を覗いて確認したら良いでしょう。
観戦目的の旅でしたら変更になっても良いように、少なくても予定日前日も
含めて試合予定の
場所に2泊するべきでしょう。

”何でも充分なゆとりをもって先に決める”という習慣は殆ど日本人だけかも
知れません。
スペインは特に気まぐれで、”予定は未定であって、決定にあらず”で、
余り前に決まったことは
直前に何か変更があることは予測しておいた方が
無難です。
そうしないと、折角の試合を見逃したり、不要なイライラばかりで
折角の楽しい観戦旅行が後味の
悪いものに成ってしまいます。
つまり、”何も変更のないように完璧に準備する”するのではなくて”いつ
変更があっても良い”ように心の準備をしておくことです。

慣れて来ると、そんなに神経質に前もって決めなくても
生死に関わること以外は
大勢には影響なく、寧ろ、それがスペインの良さで、その方がのんびりと
生きて
いる喜びを味合えることも分かってくると思います。
旅行者がそれを経験したかったら、余り時間刻みの緻密な予定表を作らず、
ポイントだけリストアップだけして
おいて、気に入ったところは長くゆっくりして、
気に入らないところは簡単に切り上げるとかその日の流れに応じて予定を柔軟に
変更削除できるようにしておくことでしょう。
旅行中はお金と時間さえあれば大抵のトラブルは解決できます。



2.入場券の買い方は?
a. 当日スタジアムで買う。

レアル・マドリード VS F.C.バルセロ−ナと言うような人気試合以外は、数日前からと当日スタジアムの
公式窓口(Taquilla oficial:タキージャ・オフィシアル)又は、オフィシアル・ショップ(Tienda oficial:テイエンダ・
オフィシアル)で購入可能です。入場券(Entrada: エントラーダ)の公式料金は通常20〜50ユーロ
(euro: エウロ)位ですが、試合によって同じチームでも料金が異なりますが、試合開始の少なくとも
1時間前には、行くべきでしょう。
窓口の開いている時間は、スタジアムによりますが大体午前10:00 -14:00 午後 17:00-20:00位でしょう。

b.電話で予約買いする。
スペイン語が出来れば、電話で予約しクレジット・カード落としで買い、銀行の窓口かスタジアムの公式の
窓口で受け取ることも可能です。勿論購買後のキャンセルは出来ません。
これはチームによって方法も契約銀行も違うので、各チームの公式サイトで確認してください。

c. ダフ屋から買う。
人気のある試合では、チケット売り場に近寄るときっとダフ屋が話しかけてきます。いくらで買うかはその人の
試合に対する熱意といくらまで出せるかとの懐具合によりますから相場はありませんが、試合開始時間ぎり
ぎりなら、売る方も残らないように必死ですから駆け引きに応じてくるでしょう。前述のR・マドリード VS
F.C.バルセロ−ナ等の人気試合の時は、会員以外には発売しないこともありますから、このような場合は
5〜10倍に跳ね上がります。

駆け引きにはスペイン語は要りません。値切るつもりでしたら、紙と鉛筆を用意しておいて、まず「いくら?」
(”Cuanto?”:クアント?)と聞いてみて紙と鉛筆を差し出せば、値段を書いてくれます。高すぎたら、その
数字を消して、希望の数字を書いて提示して、それを繰り返せば良いでしょう。
或いは、小銭を用意しておいて小出しにお金を示す手もありますが、ある程度決まってから出さないと足元を
見られたり、又スリに狙われる元ですから、人前でお金を出すのは感心しません。

余談ですが、現金は必要以上は持たず、それもできるだけ分散して持つようにしてください。少なくとも被害に
遭ったときに連絡用の電話代やホテルへの帰りの交通費位は下着の中や靴下の中に分けて持っていた
方が良いと思います。ダフ屋はやくざがらみと言うことはなく、それを生業にしている人達ですから別に危険は
ありませんが、駆け引きに夢中になっていると注意力が散漫になりがちですから、その面での注意は必要です。

d.旅行社から買う。
Prestige Express社のような日系の現地旅行代理店でも買うことは可能ですが、サーカーの入場券は旅行社でも
別枠に買うことは出来ず、また、自分で並んで買いに行く手間をかけることも出来ませんから、殆どはプレイガイド
を通じて手配しています。日本のプレイガイドはチケットの発売元からコミッションをもらって営業していますから
消費者は直接買ってもプレーガイドから買っても値段は同じですが、スペインでは卸売りはしないので、プレーガ
イドはダフ屋と同じように公式料金に手数料を上乗せして販売していて、旅行社は更に自分の手数料を乗せて
販売しますから、少なくとも公式料金の20%増し位にはなってしまいます。 又、人気試合のばあいはこちらのプレー
ガイドは”公式のダフ屋”ですから、元値次第でやはり何倍にも跳ね上がりますが、プレーガイドは会員と契約して
いて、横流しをしてもらえるので良い席を確実に手にいれることは可能になるでしょう。


お勧め!

 都市別ホテルオンライン予
パラドール、ポサーダも含む
安宿から高級ホテルまで
最高65%引きです。


スペイン各都市
ポルトガル各都市




3、席の見方選び方。
各スタジアムによって若干違いがありますが、大部分は同じ配列呼び名に成っていますので、ここではレアル・
マドリードのホームグラウンドであるサンチアゴ・ベルナベウ・スタヂアム(Estadio de Santiago Bernabeu)を
例にとってご案内してみましょう。

スタジアムは主に4つの部分に区切られそれぞれ色分けされていますが、脇の
部分をラテラル(Lateral)、ゴール(gol又はLarguero)の部分をフォンド(fondo)と
呼び、それぞれ東(este),西(oeste),南(sur),北(norte)で区別しています。
ベルナベウ・スタジアムの場合は各入り口(Puerta: プエルタ)のところに左記の
ような案内図があり、主賓席のある脇メイン・スタンドの部分(左図の青い部分)
を プレフェレンシア(Preferencia)と呼び,反対側を単にラテラル(Lateral)と呼んで
います。
席は下から上にかけて次のように命名されています。

Grada Baja
(グラダ・バハ)
Grada Alta
(グラダ・アルタ)
Tribuna
(ツリブナル)
Primer Anfiteatro
(プリメル・アンフィテアトロ)
Segundo Anfiteatro
(セグンド・アンフィテアトロ)
Tercer Anfiteatro
(テルセロ・アンフィテアトロ)
Tribuna Superior Baja
(ツリブナル・バッハ)
Tribuna Superior Alta
(ツリブナル・アルタ)

列は配置は次のようになっています。
Grada Bajaと Alta: 1-16 列
Tribuna: 17-51 列
Primer y Segundo Anfiteatros:
(Preferencias yとFondos): 52-73列
Tribunas Superiores Altaと Baja: 74-90列
94-109 列
Segundo Anfiteatro Lateral: 91-93列
110-114 列
Tercer Anfiteatro Lateral: 115-121列

観戦するには、Tribunal辺りが適度の高さで全体を見渡せて
また余り遠くなり過ぎず見やすいようです。

Topに戻る