La Feria de Sevilla 2009


今年は4月28日から5月3日日まで、ガイドブックでは
スペイン3大祭りと紹介されているセビリアの
春祭り
(La Feria de Sevilla)が始まります。なんか日本の
ゴールデンウイークにあわせたような日程ですね。

今年は不況対策で好奇心旺盛な日本人観光客に
期待しているのでしょうか(^。^)
このお祭りはもともとFeriaの名のとおり家畜の見本市として
始まったものですが、そのときに家畜の見張り用に
作られた
小屋(Caseta)が現在は主役で、牧場主だけでなく地元のいろ
いろな会社や自治体、各種の同好会、個人が
数千件もの仮
小屋をつくり、毎日関係者や招待者があつまって一晩中シェリ
ーにハブーゴの生ハムを魚にしながら
セビリアーナを踊りまくる
という祭りです。そのため現在でも周辺の邸宅(Cortijo)からは
馬車や乗馬でこの
お祭りに参加する人がおおいです。フラメン
コ衣装で飾りつけた女性たちを見るのも楽しいです。
毎晩夜更かししますから朝は静かですし、お祭りが終わった翌日は
お祭りの疲れを取るため片付けのために1日
休日まで用意されて
います。 日本でも連休ボケを取るために休みが終わった翌日を
休日にすればよいですね。まあ、日本人は、せっかくの休養日にも
またスケジュールを入れるでしょうから同じことでしょうね。


小屋を持っている知人がいるとよいですが、一般の人も入れる小屋も
ありますから、
まだ行ったことのない方はぜひ一度どうぞ。

(画像は2005年撮影)

関連サイト
http://feriadesevilla.andalunet.com/
http://www.galeon.com/juliodominguez/fotoferia.htm

スペインふぁんに戻る