spainfan
スペインクリスマス宝くじ1998年抽選発表


さあ運命の時がやってきました!
締め切りは2時間前に過ぎましたが、そこはスペイン的なgenerosidad(寛容さ)で抽選の準備が出来るまで、遅れて到着した方にもチャンスを与えることにしました。
”何?まじめに締め切り前に登録したものの確率が悪くなって不公平?当たる人は確率100%当たらない人は0%で、人の運命はそのように決められているみたいですよ。 確かに締め切り後に、滑り込んで当たる人は本当に幸運でその為に当たるはずだった人が1人はじき出されるのは悲運だが世の中はそのように出来ているらしい。でもそれはSpain Fanとしては責任は取れません。結果的にはそれもまた、運命の筋書きに組み入れられているのでしょう。

逆の場合も有りますよ。、飛行機事故のときに遅れて乗れずに命拾いした人が居れば、キャンセル待ちで、喜び勇んで乗った人が反って事故に遭ってしまった例もスペインでは実際に有ります。
これも遅れた方が良い例かな?やはり30分待たして全然悪びれないスペイン人のようにのんびり構えている方が良いということかな? 日本でも”あわてる乞食はもらいが少ない””残り物には福が有る”とか言いますね。

何れにしても、Spain Fanでこの企画をやらなければ、、、又貴方が参加しなければ、、、
絶対誰も当たらないのだからね。 空を仰いで、又は西を向いて感謝しましょう。

でもやはり日本人ですねえ。メールを開いてみたら締め切り後はぴったり一人も遅れ組みは無かったですよ。 スペイン人だったら後れ組みの方が多い?
さて、前置きが長くなりましたが、いよいよ発表! 有効参加者191名でした。有り難う御座いました。

抽選方法は色々考えましたが結局、一番単純にプリントしたリストの抽選番号を切り取って1枚ずつ選び出す。選ぶのはこちらでは純真無垢な(?)子供と決まっているので、お隣の10歳に成る青い目に金髪が似合うMacarenaちゃんにお願いしました。彼女は9人兄弟の末娘でママは未だ40代ですスペインではマダマダ子沢山です。最近は平均子供4人に成ったとか新聞に出てましたが、、

Macaちゃんがにこにこしながら選び出した数字は!

特賞
1000ペセタ券 1枚1010

500ペセタ券 2枚 176,1269

副賞

100ペセタ券20枚 261、337、350、375、390、410、462、474、518、554、573、619、725、990、926、
1023、1108、1144、1299、1439

*以外と均一に分散しましたね。もっと偏ると思ったのですがね。百台、八百台、千三百台が抜けてますが。

さあ!後は本番を待つばかりです。 抽選漏れの方も希望は捨てないでね。SpainFanの分も別枠で取ってありますから、もしGordo(大当たり)が出たら、そこからまた賞品をだすつもりです。

今スペイン時間01:10分。目が覚めたら世界が変わって居るかな、、、
!Buenas Noches!!おやすみなさい!

次へ

表紙に戻る