上手な旅の仕方

ホテル
1.できる限り早めにスケジュールを決める。
  早めに予定を立てるのが、安心でお好み通りの経済的なたびになります。
 理由 * ホテルは早めに手配した方が、好みの場所や日程で確保できより有利な条件になります。 
     * ホテル代等当然払う必要のあるものは先に払っておけば、余分な現金を持ち歩かないで済み、盗難の危険が
       少なくなりますし、最悪の場合でも寝る場所は確保できます。

2.到着日の宿は前もって確保する。
  どんなけちけち旅行でも、到着日のホテルは確保しておきましょう。
 理由 * 到着日は移動で疲れていて、着いてから探すのはつらい。
     * 着くのはたいてい夕方ですが、ホテルは午前中に探さないと空室を探すのが大変です。
     * 特にシーズン中やイベントがある時は、予約がないと周辺数十キロは空室がない場合が多い。
     * 荷物を持って探すのは、盗難の危険が倍増する。
     * 荷物置き場は少ないので、預け代だけでなくそこまでの移動のタクシー代も考慮すべき。
     * 長期滞在でなければ、宿探しに数時間も費やすのは時間のむだです。

3. ホテルは旅行社を通じて予約した方がお得です。
 理由 * ホテルにとっての上客は数日しか泊まらない一般客ではなく、常時お客を送ってくれる旅行社です。
     * 旅行社は割り当て分があるので、直接ホテルに問い合わせて「空室なし」といわれた場合でもまだ空室がある場合が多い。
     * ホテルは旅行社の客には上質の部屋を優先します。
     * ホテルに直接頼むと正規料金ですが、旅行社は大抵割引料金ですし、半額になる場合もしばしばです。
     * 到着時間が遅くなっても、旅行社を通じての予約はキャンセルされることはありません。
     * 旅行社と契約しているホテルは旅行社の注文、管理が厳しいので設備、サービスともに安心です。
     * 旅費の主要な部分を占める宿泊費を前もって払い込めるので、最低限度の所持金で済み安全です。      
     * 不幸にして何かトラブルがあっても、旅行社を通じたほうが解決が容易です。

旅行トップへ

Spain fan Topへ